CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode

ブログニッキ

日々あれこれを綴りをり・・・
<< 12年1月 | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
サルサちゃん
 初めての犬育てにワクワクしていたのが
ついこの間のようにも感じるけれど
あれから12年も経ったなんて。。

あっという間のように思えるけれど
思い出はたっぷりで。
一緒に過ごした日々を懐かしく想います

最後は看取りたいと強く思っていたのは叶いました。
1月30日
いつもと同じように一緒に布団でゴロゴロ。
まだ自分でトイレにも行っていたし
お水も飲みに行けていたから
まだまだ。と思いたかったけれど
何となく危ない。そう感じてて・・

仕事行くのに置いていくのは心配
病院に預けようか
でも、病院で最後を迎えさせたくない
って、サルサをお腹の上に乗せて悩んで悩んで

サルサは眠ったり起きたりしてました。
眠りに入って暫くしたら、突然起き上がって吐きそうになって。
その瞬間に舌が紫色になっていたので
もうダメなんだ。って解った

そのまま膝の上で息をひきとりました。

多分心臓だったと思う。
一瞬で止まったようです
危篤状態にもならず、長く苦しむ事も無く。

ダメだと思ってからは
体を撫でながら、名前を呼び続けました。
犬は、亡くなると目が開いたままになります
ずっと抱いてて、時々顔を持ち上げて覗き込むと
赤ちゃんの時のような顔をしてて
少し口が開いていたので笑っているような表情でした

年末に突然ご飯を食べなくなってから
約1ヶ月の闘病でした。

最後の瞬間は、本当に心が苦しくて辛かったけれど
パニックにならず冷静に見送れたのは
いつだったか、目にした言葉が頭にあったから。

犬には死という概念が無いので
いつまでも今が続くと思っている

というものです。
サルサ自身に、死への恐怖感がないというのも
気持ち的に救いになりました。
耳は最後まで聞こえると信じているので
亡くなっていると解っていても
ずっとずっと名前を呼び続けました

いつも仕事に行く時間が解っていたサルサちゃんなので
私がしっかり見送れる時間を作ってくれたのかな
なんて思ったり

膝の上で看取れたこと
体が温かく柔らかい間ずっと抱いていられたこと
サルサへの最後の願いが叶いました

本当に本当に可愛い良い子でした
吠える事あるの?
走る事あるの?
と聞かれるくらい、テンションは低かったけれど
べったりの甘えん坊で
気持ちがしっかり伝わっている
そう思わせてくれる子でした

この12年間の日々の出来事には
サルサちゃんが一緒に居ました
かわいくて可愛くてたまらなかった

今、サルサを抱き上げる事が出来ないのが
とても悲しくて寂しくて
49日を過ぎたら、ここに書こうかと思っていたのだけれど
2ヶ月経った今も、まだ誰ともサルサの思い出話をしていません。
口に出してしまうと、冷静に話が出来る自信がないので
敢えて避けています。
亡くなったと報告が出来なくてごめんなさい。
気に掛けてくれたお友達にも、感謝です

サルサのお葬式も、しっかりお別れできるよう
翌日一人で行ってきました
甘え心があったら、立っている事も出来ない気がして。

お花柄の衣装ケースに3キロのサルサはぴったり収まって。
上からフリースを掛けてしっかりと抱いて。
近くに綺麗なビルの斎場が出来ていたのでそこでお願いしました

ここから写真を載せます
お写真をお持ち下さいと言われていたので
1枚選ぶのが大変でした。どれも可愛くて想い出があって・・




大きく引き伸ばして飾ってくれました
私を見上げているサルサちゃん
眼の中には、撮影したぷーと、私が写り込んでいます
海に遊びに行った時の




棺に入れる事も出来ましたが
考えただけで辛くて。
可愛い木のベッドに寝かせてくれました

スタンプで足型をとってくれて
爪と毛を少し切って持たせてくれます

加齢による臓器不全で亡くなったのに
目の前のサルサは赤ちゃんみたいに可愛くて
毛並みも綺麗で艶々してて
別れがたくてたまらなかった

10分位この部屋で最後にふたりで過ごして
一度ビルの外へ出ると、向かいに小さな焼き場がありました。
顔の回りに沢山お花を飾って・・

お骨は、尻尾の先の小さな小さな骨まで
綺麗に並べてくれてて。
その小さな骨の可愛いこと

今も全てが愛おしい

想い出の写真はいっっぱいあるけれど
我が家に来て直ぐ。初めてお洋服を着た時の



色黒で猿額でぶさいくなBaby時代。
どうやって育てたらいいのか戸惑ったけれど
大病もせず、穏やかな良い子に育った



最後に撮った写真。
1週間の入院後。
この後3週間頑張ってくれました。

なんだか、勝手に15歳まで生きると思っていたの。
12歳は早すぎだよ。サルサ

でも、それまで全く興味の無かった犬を
飼いたいって突然思ったのは
あの時サルサに出会う為だったのかも。
そう思えるくらい、繋がりを強く感じさせてくれた子

無条件で愛情を注ぐ事が出来る存在でした。
沢山の笑いと幸せな気持ちと
楽しい日々をありがとう

何度かわいいと言っても足りないくらい
何度ありがとうと言っても足りないくらい
大事な大事な大事なサルサちゃん。

まだまだ口に出してサルサの話は出来そうにないので
ここにだけ、書きました。
サルサを可愛がってくれた沢山の犬友達にも
ありがとうと伝えたいです。
そして、小さい頃から一緒に遊んでくれたみんなが
一日でも長生きしてくれますようにと
心から願っています
| - | 07:14 | comments(4) | - | |
スポンサーサイト
| - | 07:14 | - | - | |
あいすさん☆とてもお久しぶりです
北海道に住む、ダックス2頭のママです
こちらのブログを知ったのは、2年とか、3年前位だったと思います
「サルサちゃん」のお名前を覚えていたのでさがして、そして辿り着きました
我が家のタックとクッキーにお洋服を作っていただいていました

サルサちゃんの具合がおもわしくないとの記事を読んでから、
毎日、心配でこちらを覗いていました
メッセージを送りたい気持ちでいっぱいでしたが、
大切な時間を心おきなく穏やかに過ごされていることと思い、ご遠慮していました

私も今記事を読んだばかりで、少し動揺しています。。。
あいすさんの愛情あふれる思いに触れながら、お洋服を作っていただいた頃、
サルサちゃんがモデルさんをしていた頃のことを思い出しています
サルサちゃんは本当におりこうさんでしたものね
そして本当に、可愛らしかった…

お辛い中、精いっぱいの思いを綴って下さってありがとうございます
今は、時の流れに全てを任せて…ゆっくり心と体を休めて下さい
| まっき | 2012/03/31 12:14 AM |
あいすさん☆とてもお久しぶりです
北海道に住む、ダックス2頭のママです
こちらのブログを知ったのは、2年とか、3年前位だったと思います
「サルサちゃん」のお名前を覚えていたのでさがして、そして辿り着きました
我が家のタックとクッキーにお洋服を作っていただいていました

サルサちゃんの具合がおもわしくないとの記事を読んでから、
毎日、心配でこちらを覗いていました
メッセージを送りたい気持ちでいっぱいでしたが、
大切な時間を心おきなく穏やかに過ごされていることと思い、ご遠慮していました

私も今記事を読んだばかりで、少し動揺しています。。。
あいすさんの愛情あふれる思いに触れながら、お洋服を作っていただいた頃、
サルサちゃんがモデルさんをしていた頃のことを思い出しています
サルサちゃんは本当におりこうさんでしたものね
そして本当に、可愛らしかった…

お辛い中、精いっぱいの思いを綴って下さってありがとうございます
今は、時の流れに全てを任せて…ゆっくり心と体を休めて下さい
サルサちゃんの遺影、とても良いお写真ですね
| まっき | 2012/03/31 1:14 AM |
君って本当に美人さん
可愛いなぁ
大好きだよ

一緒に居られて良かったね
斎場も素敵なところで
お花に囲まれて

空の話は、いまだに旦那としかできない
もうすぐ二年なのにね
前よりも、もっと近くに居るってわかってるのに
会いたくて、寂しいよ
公園でも、カフェでも、探しちゃう
でもね
たまに風ちゃんの小さな体を借りて戻って来るの
面倒臭い爺様海がスンゴイ甘えん坊なときは『あれ?空ちゃん?』って思うし
お昼寝の時にお腹の上で丸くなってることもある
不思議
それでも暖かい体を抱きたい・・・って欲張りな私です

ゆっくりゆっくり悲しんでください
『思う』ことが一番の供養です
| ミロ | 2012/04/01 5:23 PM |
お久しぶりです。
たった今このブログを読んで涙が止まらなかった。。。
サルサちゃん今は空からあいすさんを見守ってるのかな。
あいすさん4か月経った今でもきっとまだ思い出にはできてないよね・・・無理せずゆっくり想ってあげてください。
ネットで偶然出会ってお洋服作ってもらって遊んでもらって。。。
あれからかなりの月日が経ちましたね。
私の中にもサルサちゃんの記憶は生きてる。
小さな体で大きなお目目で優しいお顔のサルサちゃん。
ゆっくり休んでお空から家族を見守ってあげてね。
| ゆき | 2012/06/04 12:40 AM |